NEWS

News2019.08.02

日本イラン外交樹立90年 プロジェクションマッピング

7月31日、日本と中東のイランが外交関係を樹立して今年で90年になるのを記念して、首都テヘランにある世界遺産「ゴレスタン宮殿」で、日本政府主催の記念式典が開かれました。式典では、宮殿の外壁に設けられた巨大なスクリーンに、日本とイランをそれぞれ象徴する富士山やペルシャじゅうたんなどが、最新の光の技術を使ったプロジェクションマッピングで次々と映し出され、両国の友好関係を願った演出に集まった人から大きな拍手が送られました。
コンテンツは、日本とイランの文化を、ビジュアライズしたもので、音楽もオリジナル制作。

総合プロデュースは、一般財団法人プロジェクションマッピング協会

 

In commemoration of 90 years of establishing Iran’s diplomatic relations between Japan, a
commemorative ceremony sponsored by the Japanese government held at the Golestan Palace, a
World Heritage site located in the capital Tehran on July 31. At the ceremony, Mt. Fuji and the Persian carpet, which symbolize Japan and Iran respectively, were projected one after another by projection mapping using the latest light technology on a huge screen provided on the outer wall of the palace. Big applause was sent to the direction of the event that wished the friendship between the two
countries.
The content is a visualization of the culture of Japan and Iran, and music also originally created.

General produce: Projection Mapping Assocication of Japan