NEWS

News2018.07.03

どんな場所でもプロジェクションマッピングを可能にする”Lightform LF1″リリース

プロジェクションマッピングの可能性をどこまでも広げるデバイスがついにリリースされた。

その名も”Lightform LF-1″。

家庭や職場で使うようなプロジェクターに取り付けて使うLF1本体には、
物体の深度情報をスキャンし3D分析するカメラが搭載されている。

その情報を付属のPC用映像生成ソフト”Lightform Creator”に送り、
そこで生成した映像をプロジェクタから投影する仕組みだ。

“Lightform Creator”には、プリセットで様々なエフェクトやビデオが搭載されているので、
初心者でも簡単に、オブジェクトに合わせたマッピングをつくることができる。

特筆すべきは、使用するシチュエーションを選ばず、無限の可能性を秘めていること。

公開された映像には、レストランの壁のメニュー表示、ウェディングのサプライズなど
その用途の広さが表現されている。

日本国内での販売時期は未定だが、
すでに第1期出荷分は完売。次期の予約を受け付けるほどの人気ぶりだ。

私たちの身の回りの映像が、画面を飛び出す未来もそう遠くはないだろう。

Lightform LF-1 公式website