NEWS

News2018.04.17

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3 エントリー受付開始!

若手映像クリエイターを対象とした日本最大級のプロジェクションマッピングのコンテストである『東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3』のエントリーが4月16日(月)よりスタートしました。将来のコンテンツ産業の中核となる人材の発掘・育成と、プロジェクションマッピングという空間映像技術の高度化と普及を目的に毎年開催されています。

3回目を迎える今年はテーマを”JAPAN”とし、テーマに沿った作品を募集。
2年後に開催が迫った東京オリンピック・パラリンピック。世界中の人々が東京を訪れる時を迎えようとしている今、”JAPAN”というテーマには、若きクリエイターの皆様に日本という国をもう一度考え、想い、見つめ直して欲しいという思いが込められています。また、本アワードは海外のクリエイターヘも広く門戸を開いています。海外から日本という国がどのように捉えられているのか、様々な視点や考え方が表現された作品を募集し上映することで、国内外の若手クリエイターたちの文化交流の促進などに役立てらせるよう支援していきます。

<東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3 募集要項>
☆スケジュール(※予定)
 ・エントリー期間:2018年4月16日(月)~6月15日(金)18時締切
 ・第一次審査結果発表:6月末
 ・上映会および表彰式:2018年11月17日(土) 東京ビッグサイト(会場)

☆各賞・副賞(賞金総額100万円)応募作品の中から優秀と認められた作品に対し、以下の各賞および副賞を授与。
 ・最優秀賞 1チーム(トロフィー、賞状、および副賞50万円)
 ・優秀賞 1~2チーム(トロフィー、賞状、および副賞)
  ※場合によっては、審査員特別賞を選出

☆応募資格
 ・大学、大学院、高専、専門学校に所属する学生とする
 ・一次審査後に東京にて行われるワークショップ(7/14(土)開催予定)、及び上映会当日に参加できること
  ※遠方の応募者には、アワード本選の前日・当日の宿泊費および、航空券代として上限10万円/人を主催側が負
   担します。1チームにつき4名まで
 ・1名以上のチーム編成での参加とし、各チーム代表者1名 / 学校関係者1名以上での申込とする
 ・別の学校、学生とともにチームを組むことも可。但し各校ごとに学校関係者1名の参加を必須とする
 ・チーム内には3DCGおよび2Dアニメーションのアプリケーションを使用できる者が最低1名はいること
  ※原則、学生以外の制作は禁止。プロの協力者がいる場合、アドバイスは可とする

☆エントリー方法
 東京国際プロジェクションマッピングアワード公式ウェブサイト内よりご応募ください。
 

※詳細は以下公式ウェブサイトにてご確認ください。
東京国際プロジェクションマッピングアワード公式ウェブサイト / 募集要項・エントリー方法
https://pmaward.jp/entry/entry_pma_v3/