プロジェクションマッピング講座 〜 Mad Mapper & Modul8 Workshop〜

一般財団法人 プロジェクションマッピング協会が開催するワークショップ。

Workshop for MadMapper ,the world’s most used Mapping soft,will be held in Shibuya by Projection Mapping Association of Japan.

プロジェクションマッピングの多様な表現への導入を学べるワークショップです。翌日から行われるLED mappathon と合わせて受講されると、より広く学ぶ事が出来ます。


 講師は、翌日からのLED mappathonの講師も務めて頂く、NY在住のアーティスト、MadMapperとModul8に関わるコミュニティーマネージャーのCHiKAさんです。

会場:プロジェクションマッピング協会 ギャラリー
住所:渋谷区桜丘町29-35 渋谷Dマンション501(渋谷駅より徒歩約5分)
受講料:一般:¥6,000 PMAJ会員:¥4,000


<Module8 ダウンロードサイト>


下記詳細を記載し、 までお申し込みください。
タイトル部分に『MadMapper & Modul8 ワークショップ』を記載ください。




You’ll learn the introduction of how to use MadMapper to create various styles of projection mapping in this workshop.  
MadMapper is popularly used in creation of projection mapping or installation arts.
Another workshop about LED mappathon will be held in the following day. If you take both of them,
you’ll learn more about the combination of these two softwares.

Date: 15th March 2018
Place: Gallery in Projection Mapping Association of Japan
Address: 29-35 Sakuragaoka-cho Shibuya-ku Tokyo Japan
Seating Capacity: 15 people
Fee: General:¥6,000  PMAJ Members:¥4,000
Instructor: CHiKA

Before join the workshop,please install these softwares in your PC.(demo ver. will be ok.)


If you have no PC or your PC does not support the softwares, let us know in your entry form. We might rent you our PC(just for 2 people),for ¥1,000.

Fill in the form below,and send to ,
filling title “MadMapper & Modul8 Workshop”.

◼Phone Number
◼Available Mail Address
◼Your job or school
◼General or PMAJ Membership
◼Your experience of movie creation

 ※Seat capacity is fixed in each workshop.


【講師プロフィール/Instructor Profile】
 Artist / Art Educator / garagecube

ニューヨークのスクールオブビジュアルアート大学の写真学科、ニューヨーク大学の大学院、インタラクティブテレコミュニケーション学科を卒業後、Vimeo、Eyebeamのアーティストレジデント、メトロポリタン美術館のメディアラブのリサーチャーのを経て現在、ニューヨークでアーティスト活動、プロジェクションとLEDマッピングワークショップ、mappathon™の創設者, またスイスを拠点としたgarageubeにて、madMapperとmodul8に関わる。コミュニティーマネージャーとして国内外で活躍している。アーティストとしては、LEDライト、プロジェクションマッピング、インタラクティブインスタレーション、VJやライブ構成の映像を主に作成。いろいろなメディアを使用しながら、幾何学的で視覚的な光のシンフォニーを作り出す。センサーを使い観客と一体化して光・映像と音の錯覚と驚きを体験できる作品を作る。

CHiKA is a Japanese born, New York based artist.
Her experience in real time video performance for a decade has influenced her artistic practice, shifting it from a one-way communication channel with the audience into an inclusive experience that uses
technology to establish a moment of co-creation with the public.
Light and sound are the main elements she uses in her installations,which are ultimately a visual
performance that explore improvisational communication and interaction with audience in real time.
Her work has been shown in numerous international venues and festivals.


(一財)プロジェクションマッピング協会 事務局

Projection Mapping Association of JAPAN
Phone: 03-6416-9496