NEWS

News2015.04.24

プロジェクションマッピングの常設設備が完成@二子玉川

4/24に二子玉川のライズ、そして109シネマズ二子玉川がオープンしました。そのシアター内にPMAJの石多がプロデュースしているプロジェクションマッピングの常設設備が完成し好評となっております。

からくり時計の様に、毎時00分と30分になるとプロジェクションマッピングの仕掛が出現するのです。普段は明るく気持ちの良い階段空間(待ち合いスペース)なのですが、定刻になると毎回異なるプロジェクションマッピング作品が出現し楽しめます。内容もレベルも素晴らしいので、是非お近くにお寄りの際はご覧下さい。

【時を告げるプロジェクションマッピング】
参加作品とクリエイター
【Robot Party】by AVA Animation & Visual Arts(メキシコ)
壮麗な西洋時計が組み上がり、その時計の中ではロボット達が働いている。その中には居眠りしているロボットが・・・。

【Four Seasons】by AVA Animation & Visual Arts(メキシコ)
日本には様々な季節がありますが、その四季をプロジェクションマッピングで表現した作品。美しいビジュアル世界が季節を駆け抜けます。

【Cinemas in CYBERSPACE】by Active Design / Yukihiro Oka(active design / 日本)
映画のアーカイブデータへアクセスする旅を演出した作品。
109cinemasでの素晴らしい映画体験が、また別の素敵なドラマを生み出す機会となるよう、願いが込められています。

【GAME PARADISE】by Yukihiro Oka(active design / 日本)
10コインも要求されて始まるアーケードゲーム。
そんなゲームに皆で参加しながら横槍も入れて楽しみましょう。観賞は無料なのです!

【Time Travel Agency】by FLIGHTGRAF(日本)
とある会社によって秘密裏に開発が勧められていたタイムマシーンが、今日この映画館にて試験運転されるという情報が入った!はたして実験は成功するのだろうか・・・。

【Opening and Ending】by Akihisa Tonouchi(日本) and FLIGHT GRAF(日本)
各ショーの前後には始まりと終わりのプロジェクションマッピング演出も用意されています。現実からプロジェクションマッピングの世界への移り変わりもお楽しみ下さい。

総合監修、空間デザイン、アートディレクション:Michiyuki Ishita(PMAJ)
テクニカルディレクター:Masahiro Ishikawa(PMAJ)
企画制作:東急レクリエーション、サンライズ社、PMAJ