NEWS

World Topic2017.08.08

iMapp Bucharest

世界最大規模のプロジェクションマッピングのイベントの1つである「iMapp Bucharest」(http://www.imapp.ro)は、毎年ルーマニアのブカレストで行われます。
世界各国から優れたアーティスト6組が招致され、アメリカのペンタゴンにつぐヨーロッパ最大の人工建造物『Casa Poporului』へ、104台以上のプロジェクターを使用し多くの観客の前で作品を披露します。
※投影面は23,000㎡となり、サッカーグラウンドの3倍以上の大きさ

このイベントに日本から『FLIGHTGRAF』が招聘されました。
『FLIGHTGRAF』は2016年にNHK紅白歌合戦E-girlsのLEDパネルビジュアルや2017年には上の動物園特設サイト『UENO PLANET』のCGアニメーションなどを手掛け、国内外で活躍されているクリエイターです。

MAPPINGWOLDの中で以前ご紹介した小田原城常盤木門SAMURAI館『花伐つ鎧』も『FLIGHTGRAF』がCG制作を手掛けています。

<花伐つ鎧>
http://mapping-world.info/archives/post-1341

<FLIGHTGRAF プロフィール>
CINEMA 4D モーショングラフィックデザイナー/プロダクトデザイナー/CGクリエイター。
2008年よりプロダクトデザイナーとして活動。
2013年より、主に映像、音、光などを駆使したインスタレーションの制作にも携わり、2015年にロシアにて行われた世界最大のプロジェクションマッピング国際コンペ”Circle of light”にて2位を獲得。
活躍の場を世界へ広げている。

※公式サイト※
http://www.flightgraf.com/